リバ邸深セン

そもそもリバ邸とはどういうコミュニティーなのか?

  • LINEで送る

リバ邸深センを語る前に、「リバ邸」とは何かをまず何かを知ってもらうべきであると思いこの記事を執筆します。

CAMPFIRE代表の家入さんが作ったコンセプト型シェアハウス

実はCAMPFIREの代表家入一真さんが六本木の一室から始めたシェアハウスです。
深センで独自に命名したわけではなく、歴史をたどると六本木がスタートです。
当時は「最後の駆け込み寺」として作られました。
有名な人はマザーズに上場したばかりのBASEの社長の鶴岡さんや
DMMグループ会社『ピックアップ』で社長をつとめる宮本拓さんがいらっしゃいます。

事業であったり恋愛であったりと成功事例を持った方がいることは
リバ邸関係者の中では非常に有名で羨ましい話であります。笑

リバ邸のコンセプト

・世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自がないかしら独自のアウトプットを追求する場所。

・アウトプットの内容は銃で、ジャンルも規模も収益の有無も不問。本当にやりたいことを見つけ、それを形にしていく場所。

・各地のリバ邸は「現代の駆け込み寺」というコンセプトは共通しているが、地域や住民の特色に沿って、リバ邸ごとに多用な雰囲気・環境・ルールを持っている。

要するに自分が実現したいことを自由にアウトプットする場所です。

公式ホームページがあるので興味のある方は下記リンクを訪れてみてください。

リバ邸ホームページ

他にはどんなリバ邸があるのか?

起業する人たちが集まるリバ邸スタートアップやブロックチェーン技術に興味のある人が集まるゼニハウス、他にもリバ邸蒲田やリバ邸京都などのようにリバ邸×地域名のところもあれば、ゼニハウスのようにリバ邸という名前がつかないところもあります。
国外だと、リバ邸深セン以外にも、リバ邸プノンペンやリバ邸ハノイなどもあります。
リバ邸に所属しているだけで他のリバ邸にお邪魔しにいくと簡単に受け入れてもらえることがありますので、慶応の三田会やリクルート出身者が集まるR会のような一台勢力になる予感がします。

興味のある方や引越し先を検討している人は一度内覧してみることをオススメします。
きっとそこにしかない新しい出会いがあなたを待っているに違いないから。

  • LINEで送る

コメントを残す

*